タイムレコーダーは労働時間の把握のしやすいもの

会社が忙しいというのは良いことです。日本においては、忙しかったり、忙しくないというとき、すぐに人を採用したり、退職させたりということはないということです。今いる人たちで対応しようとするということです。忙しいときは、少し残業が増えることになりますし、忙しくないときは、残業を減らすということになります。それによって給料は増減することになりますが、従業員の雇用が守られることになります。アメリカなどにおいては、そのつど採用とレイオフを行うということですから、安定雇用につながるということになります。企業などの規模が大きくなっているという場合は、採用を増やして、社員をどんどん利用するということになると思います。

仕事を社員にしてもらうというのは良いのですが、残業で対応するのと、採用で対応する境目というのが難しいところになります。残業に関しても、あまり毎日、継続的に、それも長時間続くとなると、社員の体力にも問題が出てくることになります。採用をしなければいけないということです。でも、あまり残業時間がないときに採用したとしたら、余剰人員が出てしまうということになります。このあたりの判断をしなければいけないということです。そのときに行いたいのが、従業員の労働時間の把握ということになります。法定労働時間に時間外時間、深夜時間や休日時間がどうなっているかです。深夜や休日が増えているとなると、減らす必要が出てきます。労働時間の把握という面では、タイムカードから行うということができました。タイムカードにおける残業に関してですが、基本的には、残業手当を支給する人のみの管理ということになります。それ以外の人のデータがないということになります。となると、どれくらい仕事をしているか判らないということになります。

残業をどれ位しているわからなければ、採用をすることもできないということです。そこで利用するのが、データを利用することができるタイムレコーダーになります。こちらであれば、残業代を支給したしていないに関わらず、各人の労働時間のデータを取ることができます。ですから、全体としてどれくらい労働時間が増えているかということを把握することができます。毎月すぐに集計をして、それを元に採用をするか、見送るかができることになります。迅速な対応が可能になるということです。人材の投入をピンポイントに行うことができる仕組みになります。

Be the first to comment on "タイムレコーダーは労働時間の把握のしやすいもの"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


*