プリンターで、トナーを使うときの注意点

プリンターやコピー機は、今や必需品ですね。どこの会社や家庭でも、一台は置いてあるものです。最近は、プリンターも、値段が安くなり、カラープリンターでも、1万円を切るモノもでてきました。しかし、トナーカートリッジの値段は、まだまだ高いのが、現状です。なかには、3回カートリッジを交換しただけで、プリンター本体が買えてしまいます。プリンターを買うときに、A4しか使わなくても、A3トナーカートリッジ対応プリンターを購入すると、A4対応のプリンターより、かなりランニングコストが安くなるので、お勧めです。リサイクルカートリッジを使うと、印字にムラがあり、品質にばらつきがでるので、多少高くても純正新品トナーカートリッジを使う方がいいですね。プリンターには、目詰まり防止のために、電源をいれるたびヘッドクリーニングされるので、インクの消費が早くなります。なので、電源は、しょっちゅう入れたりしない方が、インクは、長持ちします。

激安プリンターのトナー交換について

ここ最近のプリンターはかなり安い。5,000円位で、プリント、スキャナー昨日がついていたりする。もちろん最初からトナーも付いている。ただ、インクがなくなって交換しようと電気屋に行ってみると驚く。インク全色セットが5,000円ほどするからだ。エコではないが買い換えてしまった方が安いかもしれない。そんな訳でプリンターはランニングコストが高くつくのだが、インターネットなどでは純正品ではないが一本100円ほどで売られているところがある。純正品以外を使ってしまうと万が一壊れてしまうと、保証期間内でも有料修理となってしまうのでその点のリスクが必要だ。もし保証期間が終わっているようであれば、100円のトナーの方がオススメだ。最悪、壊れてしまっても、インク付きで5000円で新しいものを買うことが出来るし、インク自体も純正品とさほど差がないからだ。

トナーを使うタイプのプリンターについて

僕は家では基本的にはインクジェットのプリンターを使っておりますが、学校ではむしろトナーを使う形式のプリンターのほうが圧倒的に使用頻度が高くなっております。その理由は、きわめて簡単。なんといっても「印刷速度」が圧倒的に異なるからです。たとえばですが、10枚のレポートを上げるのに、家で使っているインクジェット方式のプリンターでは大体2分くらいかかってしまいますが、学校で使用しているプリンターのほうに関してはわずか20秒ほどで終わってしまうほどです。もちろんメリットばかりではありません。たとえばですが、パワーポイントを配布するときなどにカラーが必要な時にはこの手のプリンターを使用しても白黒印刷しかできないので、そのようなときには多少時間をかけてもインクジェットのほうが使いやすいです。やはり使い方によって分けるようにするといいと思います。

Be the first to comment on "プリンターで、トナーを使うときの注意点"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*