タイムレコーダーのサイズはコンパクトなもの

コンピュータのサイズといますと、最初は非常に大きかったと聞きます。オフィスにおけるフロア全体ぐらいの大きさだったということです。そちらに非常に多くの真空管が並べられていたということです。大量の真空管なので、それらが故障をすれば取り替える必要があったということです。それに非常に時間がかかったということです。今ではとても考えられないことですが、そういう時代があったからこそ、今のコンピュータの発展があったということになります。その他、ワープロ専用機なども、当初発売されたときは、デスクほどの大きさだったということです。

確かに作業をするにはデスクと椅子が必要でしたが、機械そのものがその役割をしていたということです。コンピュータにしろワープロにしろ、現在は持ち運べるほどの大きさになっています。さらには手のひらにおいて操作できるものもあるということです。小型化が進んでいるということです。小型化が進んでよいことは、いろいろなところに持ち運べたり、設置が可能になるということです。オフィスに設置をしようとするなら、どこに設置をするかということになります。もし場所をとるというなら、それだけでコストがかかることになります。多くの会社においては、オフィスは賃貸を利用しているでしょう。ということは、ものがそこにおいてあれば、他のものを置くスペースが失われるということになります。在庫などにおいても、できるだけ置かないほうが良いというのはそのことからです。多くの企業において利用されるタイムレコーダーのサイズとしては、どのようなものが適切なのでしょうか。こちらも登場した当初は非常に大きなものだったということです。それも出入り口に設置することが多いですから、どうしてもスペースが狭くなるということがありました。現在一般的なものに関しては、机の上においておくことができるものが一般的になっています。重さも人が片手で持つことができるものになっています。置き方に関しては、台のようなものを用意しておくということも出来ますし。釘などがあればそちらにかけておくことができるものもあるということです。一般的には、タイムカードの大きさより小さくなることはないと考えられていました。

しかし、最近はタイムカードを差し込むタイプではないものも登場してきています。それは、ICカードを利用したものということです。こちらでしたら、さらにコンパクト化を進めることができます。

Be the first to comment on "タイムレコーダーのサイズはコンパクトなもの"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


*